FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
続・チテンゲをおねだりされた日
2012-01-12 Thu 03:05
Children, Namwianga, Kalomo, ZAMBIA

先日のエントリーでチテンゲのおねだりに困惑したことを書きましたが、考えてみれば、似たような体験はアフリカに来てから何度もありました。
ニジェールでは首都へ上がるたびに同僚からお土産を要求されたりとか。
アフリカ人がずうずうしいっていうんじゃなくて、根本的に文化が違うって事なんでしょうけど、1年半経った今でもまだ慣れない・・・。

今日もマタニティ室で、出産したばかりの女性の母親から「生まれた赤ちゃんの服をくれ」と言われました。
私は取り合わなかったんだけど、後でキッチンスタッフのドレッドに「彼女は何にも持っていなかった。だから私だって家から古い毛布を持っていってあげたのよ」と言われました。

あげるべきか、あげざるべきか。
モノをねだるのははしたなく、施しを受けるのを恥とする国から来た私達。
考え方の違いに悩むのは私だけじゃないよね?と思ってグーグル検索すると、やっぱり同じようなテーマの記事を発見。

ねだりをめぐる悩み(ザンビア)
http://afric-africa.vis.ne.jp/essay/kasukariru01.htm

ねだり、ねだられ、生きていく (ボツワナ)
http://afric-africa.vis.ne.jp/essay/begging02.htm

ウジャンジャ・スングーラは、いかにしてねだるか (タンザニア)
http://afric-africa.vis.ne.jp/essay/begging01.htm

ドレッド曰く、ブリジットにも私は何かをあげるべきだ、と言います。
そうなのか~と思いつつも、やっぱり気持ちよく「あげよう」という気になれない自分。
難しいね・・。


スポンサーサイト
別窓 | ザンビア・カルチャー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<近所の鳥 | アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 | ザンビアのネコ>>
この記事のコメント
難しい!
一度あげた場合、また、繰り返すこともありますか?
人によるかな。

相手を見て、状況で判断すると思う、自分は。
それは、今日本にいて、そう思っています。
現地に行ったらどうなるか?どうするか?
病気の方の話とか聞くと、むげにすることができるかどうか。
ヨーロッパの人々は、そのあたり、割り切っていませんか?
2012-01-15 Sun 21:19 | URL | うえだ(zephyr_Mac) #-[ 内容変更]
Re: うえださま
> 一度あげた場合、また、繰り返すこともありますか?
おっしゃる通り、人によります。ニジェールではウィリーには会うたびにタバコ代をねだられました。首都からのお土産も毎回期待されていたかな。「ちょうだい」もただのおしゃべりの一環で、本気で言っているわけじゃない時もあって、その判断が難しいのですが。

> ヨーロッパの人々は、そのあたり、割り切っていませんか?
どうなのかな~。日常的に欧米からのボランティアと接しているわけではないので、その辺はよくわかりません。どうなんでしょうね?日本人よりはあげてるイメージがありますが・・。
2012-01-15 Sun 21:47 | URL | しまもとこ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。