FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
太っている女性こそ美しい、んじゃないの?
2012-02-02 Thu 00:03
Thelma, Kalomo, ZAMBIA

ニジェールでは「太っている女性こそセクシー!美しい!」という価値観に、ところ変われば美女の基準も変わるのね~と、びっくりしましたが・・。(ニジェール日記を参照
今日はまた、新しい発見が。

クリニックのドライバー、クライヴ(既婚男子、30歳)と車の中でおしゃべり。
「ノーデイ(クリニックのメールナース)は太りすぎだよな~。あいつ、オレよりも若いはずなのに、太ってるせいで40歳くらいにみえるよ」
クライヴは肥満は健康に良くないという知識も持っていて、「自分は太りたくない」と、毎日スポーツしたり、エクササイズをしたりしているそうな。加えて、太っていると格好悪いとも思っている様子。
「女性だって、あんまり太っているのは良くない。4分の3の男は太っている女は好きじゃない」
へぇ~~。
「アメリカ人の男は痩せていて、胸の大きい女が好きだよね~、わかんないな~。ここでは胸の大きいのは好まれないのに」
へぇ~~~~。
ここでは、でっぷり太って、牛のような胸をゆさゆささせている女性はどうやら好まれない様子。

とはいえ日本ほどのヤセ信仰でもなく、メディアの中の女性達は程よい肉付きの健康的なセクシーさ。
胸に関しては、ここでは人前で胸を見せるのはタブーではなく、みんなどこでもおっぱいを出して赤ちゃんに授乳させているので、男性のほうも見慣れて、胸には特別セクシーさを感じなくなっているのかしら。

実際、見るからに肥満という人も少なくなく、男性よりも女性に多いかな。
それでもニジェールほどみんな太ってもいません。
栄養失調の子もいる一方、高血圧、糖尿病も多く、肥満はその一因というのもぼちぼちみんな知っているみたいね。

クリニックのラボ技師のフェオマ(トップの写真。既婚女子、30代)もダイエット中で、「今日はちょっと減ったわ!」と体重計に乗って、一喜一憂しています。


スポンサーサイト
別窓 | ザンビア・カルチャー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カロモのマーケット | アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 | ザンビアミシュラン カロモ編 マーケットの中のレストラン>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。