スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ザンビア温泉旅行記 2 カピリムポシ
2012-03-21 Wed 03:09
ザンビアとタンザニアを結ぶ、TAZARA鉄道。テレビ番組「世界の車窓から」にも登場したこの列車に乗るのも、この旅の目的のひとつ。
カピリムポシから乗り込んで、車中の食堂で食事を楽しんだりし、コンパートメントを1部屋借り切って、寝台で一夜を明かすと、カサマに到着、というプラン。
しかし。
なんとその日はストライキで列車は運休。ガーン!!

カピリムポシ駅。
カピリムポシ駅

誰もいない駅構内。
カピリムポシ駅構内

しかし明日、最終目的地のカピシャ温泉の宿はすでに予約してあるのだ。どうにかしてたどり着かないと・・。
こんな目に遭ったのは私達だけじゃないのです。先に同じような目に遭った他の隊員もいて、ハナちゃんがその人達に電話したり、他の隊員に善後策を聞いてみたりしてくれた結果、先へ進むにはタクシーかミニバス、大型バスの選択肢があるとのこと。

駅からジャンクションまで戻って、とりあえずガソリンスタンドのお兄さんに知り合いのタクシーを呼んでもらって、カサマもしくは、その手前のンピカまでの料金を訊くことにする。
ぼーっと待っているところに、「あれ~こんにちは~!」と日本語で話しかけてくる人が!
彼女はこの先のセレンジェという所の隊員のフミさんでした。
早速彼女にいきさつを話し、なんとかセレンジェまで行って1泊することに。セレンジェより先のンピカ、カサマは遠すぎる」とのこと。
頑張ります・・・。

スポンサーサイト
別窓 | ザンビア・カピシャ温泉旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ザンビア温泉旅行記 3 カピリムポシからセレンジェへ | アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 | ザンビア温泉旅行記 1 ルサカ、インターシティ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。