スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
カロモのマーケット その3
2012-06-06 Wed 21:49
前回に引き続き、ローカルマーケット探訪です。

チャコール。炭です。写真の左下に大きな袋に入っているのが見えます。黄色いチテンゲ(ザンビアの巻きスカート)のおばちゃんが、私を見て「お客だわ!」と駆けつけて来ています。
チャコール
ニジェールでもザンビアでも普通の家庭では、料理は薪や炭でするのがまだまだ一般的。この大きな一袋で25000クワチャ(400円)。田舎の村から直接売りに来ているのだともっと安くて、15000クワチャ(240円)で買えます。


ブロンゴ。見た目は、土のかたまりです。しかし、ザンビア人はコレを食べるのです。
ブロンゴ
私もちょっぴりかじってみました。見た目どおり、土の味でした・・。ここでは特に妊婦が食べると良いとされていて、ミネラル源だからってことなのかしら・・・。ニジェールの市場にも、同じようなものがあったなぁ。
更に、ニジェールはもっと過激(?)で、同じ任地の隊員だった鈴木くんの家のガルディアン一家の奥さんは「子供に土を食べさせると丈夫になるのよ!」と言っていました。アフリカのちびっこ、ちょっとやそっとではお腹をこわさなくなりますね・・。丈夫っていうか、たくましくはなるかも・・・。


赤い花びらのようなものを乾燥させたものを発見。これなあに?と聞くと「ンダンビ」。両手にいっぱいくらいの量で1000クワチャ(16円)。売り子のおばちゃんに食べ方を聞くと、カペンタ(煮干しみたいな小さい干魚)をトマト、玉ねぎと一緒に料理するときに一緒に入れろとのこと。
甘い、いい香りがします。ハイビスカスティーみたい。ニジェールで時々飲んでいたビサップという飲み物みたいでもある・・・。
ンダンビ

改めて調べてみると、ハイビスカス=ビサップなんですね。
ビサップティーの紹介がしてある西アフリカはセネガルの情報サイトを発見しました。コチラ
ビサップは西アフリカ全般で飲まれているようです。
たぶんザンビアのコレもビサップだと思う・・・。ここではお茶にしては飲まないのかな?とりあえず、言われたとおりにカペンタと一緒に使ってみます。


青空マーケットのほかには、こんな感じのお店が並んでいます。そのうちの一軒に入ってみましょう。
カロモマーケットの店1

パックされて製品になっている塩やお砂糖、サラダ油などの食料品、洗剤などの日用品が売っています。
カウンターの兄ちゃんに「お砂糖ある?いくら?」などと聞きながら買物をします。似たような店が軒を並べていて、同じ商品でも値段はちょっとずつ違ったりするので、なるべく安いところで買うようにします。
カロモマーケットの店2


これは、マーケットの外。リヤカーで魚を売っている兄ちゃんを発見。
ブリム(鯛)でした。そう遠くない川で捕れたものらしい。クリニックのレジスターで働くフローレンスが一匹購入。中くらいの大きさのを選んで10000クワチャ(160円)なり。
ブリム


アフリカでは食べ物も満足に買えないのでは?なんて思ってたけど、全然そんなことはなかったです。
マーケットは楽しい♪


スポンサーサイト
別窓 | ザンビア・マーケット、ショッピング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バオバブの実、そしてバオバブの木 | アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 | カロモのマーケットにて その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。