スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ザンビアの主食 Nshimaの作り方
2012-06-08 Fri 21:43
ザンビアの主食はとうもろこしの粉、ミルミルをお湯で練った「シマ」です。日本人がごはんを愛すように、ザンビア人はシマを愛しています。
今日はシマの作り方をご紹介します。

*材料* 3人分
ミルミル・・・・400g
水・・・・・・・・1ℓ+α

お鍋にお湯1ℓをわかします。
nshma1

お湯が沸いたところに、ミルミル少量(100gくらい)を水(分量外)を溶いたものを加え、木べらでゆっくりかき混ぜながら加熱します。
nshima2

再沸騰して5分くらい、お鍋のなかがとろっとした状態になったところに、少しずつ残りのミルミルを加えてかき混ぜ、練り上げていきます。手で丸められるくらいの固さになったらOK。
nshima3

nshma4

フタをしてしばらく加熱。時々かき混ぜながら20分くらい加熱します。
nshima5

できあがり。
nshima6

ミルミルには2種類あります。
ブレックファストミールをいうのが、お米で言うところの精白米。ローラーミールというのが胚芽米とか玄米みたいな感じ。ブレックファストミールを使う時は火が通りやすいので、練り上げてから5分くらい加熱すればOKだそうです。

ナミアンガクリニックの今日のランチ。おかずはビーンズとキャベツでした。シマは水でぬらしたおたまですくって盛り付けます。
nshima7


できあがり分量は、1人前おたま2つ分で約300gでした。

スポンサーサイト
別窓 | ザンビア・グルメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ザンビアの冬!?と水汲みの風景 | アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 | バオバブの実、そしてバオバブの木>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。