FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
盗まれる花嫁
2012-10-13 Sat 14:29
最近、「ジプシーへようこそ!」(たかのてるこ著)を読みました。
ジプシーにようこそ

著者のたかのさんは「ガンジス川でバタフライ」などで知られる、銀座OL(去年、会社を退職なさったらしいが)旅行家で、本書は彼女がルーマニアへジプシーに会いに行った旅の紀行文です。
その中に、ジプシーの結婚について触れた箇所がありました。曰く、ジプシーはおしなべて早婚で、それは男性が女性を盗む(!?)というものだそうです。
それを読んで、私はハタ!!と膝を打ちました。ザンビアで聞いた村落部の結婚も、それにそっくりだったから。

私がザンビアで住んでいた、南部州カロモ郡ナミアンガのクリニックで働いていた、ラボ技師のチャリッド(30代既婚女性)から聞いた話。
結婚のしかたにも2種類ある。
都市部では欧米式の結婚式が教会で行われる。(ナミアンガで私も2回参列しました)
でも村落部では、違う。男性が女性を「盗む」のだ。

夜に男性が女性を「盗んで」自分の家にまず連れてきてしまう。女性の家では朝、娘がいなくなったのを知り、「さては、どこかの男性がウチの娘を盗んだらしい」と思う。そこに男性の家の両親がやって来て、「ウチの息子がお宅の娘さんを連れてきた。結婚したいと言っている」と告げる。両親の間で、「ロボラ」と呼ばれる男性が女性の家族に払う結納金的なお金の金額を交渉する。交渉が成立したら、結婚成立、となる。

たかのさんによると、彼女が話を聞いたジプシーのおばあさんも、夫とは会って2回目に「盗まれた」そうで、それは彼女が14歳、夫は17歳の時だったそう。その後、両親の間で話し合いがあり、結婚式が執り行われたそうです。
まあ、女性が「盗まれる」段階で、すでにある程度両者で意思確認ができているんだろうと想像するのですが。じゃないと、いくらなんでも、騒がれずに男性が女性を無理やり「拉致」めいたことをできないよね???
ザンビアでチャリッドの話を聞いた時は、私達の常識からはかけ離れた話で、ずっと「それは本当なんだろうか・・」と思っていたんですが、世界の他の民族でも同じような風習があるのなら、きっと私がザンビアで聞いた話も本当なんだろうなぁ。確かに私の見た限りでも、ザンビア人全員が、欧米式の結婚を、欧米式の手続きを踏んでしているとは到底思えなかったし。

日本でも、源氏物語では男性が女性のところに忍んでいったり、もしくは狙った娘をそれこそ「拉致」して妻にしてしまって(髭黒の少将と玉蔓)いるし、近代まで「夜這い」の風習もあったらしい・・・(ウィキペディアの記事はコチラ。読んでびっくり!しました)
なので、世界に様々な形態の「結婚」があっても(または残っていても)不思議はないのですが、やっぱり、びっくりします。



スポンサーサイト
別窓 | ザンビア・カルチャー | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<ムサに彼女ができた! | アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 | プール族のネックレス>>
この記事のコメント
はじめまして
22-2ヨルダン美術の和さんです。
ちょうど先月の今日、日本に帰国。

以前は町田にすんでいたけど、
今は実家の岡山にのんびりしています。

中東にどっぷり漬かった2年間を振り返りつつ、
アフリカのことを検索していたら・・・
というかんじで
またひょっこりおじゃまさせてくださいね。

ちなみに私のアフリカは
ウガンダ・ケニア・ジンバブエ、
北アフリカのモロッコ・チュニジアなどなど。

では、とつぜんのお便り
失礼しました
2012-10-26 Fri 10:35 | URL | 和 #fkxczLn.[ 内容変更]
和さま
コメントありがとうございます。二年間、お疲れさまでした!
昨日、ちょうどアラブの現代美術展を観てきて、中東にも行ってみたいな~、アフリカとはまた全然別の世界なんだろうな~なんて感じていました。

そして、アフリカのまだまだ広い!私の経験したニジェールとザンビア、旅行で訪れたボツワナ、タンザニアもそれぞれ全然違っていて、和さんのいらしたアフリカの他の国にもいつか行ってみたいな~と思います。

またどうぞ覗きに来ていただければと思います♪
2012-10-27 Sat 22:50 | URL | シマ #-[ 内容変更]
海外に生活すると、やはり時には日本のことが懐かしくなりますね。ちなみに、海外で日本のアニメや番組などを見たいとき、www.tv-rec.comをお薦めいたします。どこでもいつでも見られます。画質がいいし、とても便利です。
2013-03-13 Wed 23:24 | URL | 藤井 #Tl7JQzbk[ 内容変更]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
今後、海外生活をすることになったら、是非活用させていただきますね。
ホント、時々どうしようもなく日本の生活が恋しくなります!


> 海外に生活すると、やはり時には日本のことが懐かしくなりますね。ちなみに、海外で日本のアニメや番組などを見たいとき、www.tv-rec.comをお薦めいたします。どこでもいつでも見られます。画質がいいし、とても便利です。
2014-02-03 Mon 21:32 | URL | しまもとこ #-[ 内容変更]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-07-19 Sat 07:49 | | #[ 内容変更]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-07-21 Mon 07:21 | | #[ 内容変更]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-07-28 Mon 05:52 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アフリカ大陸 ニジェール×ザンビア通信 2010-2012 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。